ちょころぐ+(プラス)

1号猫ちょこぼーるの憂鬱。後輩がどんどん増え計10匹の猫世帯。

猫が通ります

沖縄の瀬底島の道路で見つけました。
徐行

徐行看板の右隅に猫のマーク。
手作り看板ですね。
さらに進むともう1枚。

「スピードを落としてください。
車がバックします。
猫が通ります」
徐行2

看板のお宅の猫ちゃんではありませんが、たくさん猫がいたお宅。5~6匹だったかな?
徐行4

ご近所のお宅には10匹ぐらいいるとの事でした。
たくさんの猫と一緒に生活しているお宅も多いようです。

沖縄で見かける猫達は、人の顔を見ると逃げるような確率は我が家の近所よりは
かなり低いように思います。
なので猫写真もたくさん撮れます。
お世話をしている方が多いのでしょうね。
地元のお店で聞いた話では、台風のとき危ないからと犬を放す人もいるとか。。。
でもご飯をくれる人も多いから生きていけるそうです。

殺処分に持ち込む人も多いので複雑な気分ですが、
いい方向に進んでいきますように!





スポンサーサイト

4 Comments

クロpapa says...""
看板、いいですね~。猫が生活の一部なのでしょうね。

papaが子供のころ、農家の庭は、こんな感じで、猫も普通に
いたような気がします。
昔がよかったとは、思いませんが、沖縄に行くとホッとしますね。
2015.03.01 17:21 | URL | #GEDeFETU [edit]
クニ says...""
昭和の香りがする風景ですね
猫たちがくらしいやすい様に看板がアチラこちらに出ていて
ニタニタしてしまいます♪

人が猫たちに優しいって良いな~
私も行ってみたいな~
2015.03.02 07:47 | URL | #R2WJGsRw [edit]
nico. says...""
猫を可愛がってる方たくさんおられるんですね。
街中と比べると、自然も豊かで人間と猫の共生が
不自然じゃなく行われてる感じがします。
自分と異色の存在をどれだけ寛容に受け入れられるかで
その町、その国の民度がわかりますよね。
人間は人間だけの都合で行きてちゃダメだと思うなあ・・・
と、改めてちょこさんの沖縄シリーズを見ると
考えさせられます。
2015.03.02 16:37 | URL | #Er9u1F22 [edit]
hoppetan says...""
「猫島」と言われている所でも
猫が増えすぎて収拾がつかないという話を、最近聞きました。
猫を目当てに島を訪ねる人が、ゴミを平気で捨てて行ったり
そのせいで猫を嫌いになる島民もいるようで・・・
「のどかでいいな」だけではすまない状況があるんですね。
人間の勝手は、ほんとに嫌になります。

猫がのんびり暮らせる場所を守っていきたいです。
2015.03.02 18:17 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://chokologue.blog113.fc2.com/tb.php/560-bf3d9e49
該当の記事は見つかりませんでした。