ちょころぐ+(プラス)

1号猫ちょこぼーるの憂鬱。後輩がどんどん増え計10匹の猫世帯。

かれんの事件の概要

先週保護していた河川敷の猫は、ブログをアップした直後にちゃんと
お〇っこと〇んちをしてくれました。
その後体調も良さそうだったので、金曜日に避妊手術をして本日河川敷に帰りました。
悪い病気ではなさそうで、何よりでした。

最近残業続きで、帰ってきて何かをする時間がほとんど無く1週間が過ぎます。

かれんの事件の概要もなかなか書けずにいました。すみません。



今回民事裁判に訴えたのは5匹の猫の保護主5組でした。

その5匹のうち4匹は、もう2年以上前の譲渡になるのですが、時期が重なっていて
前の猫がいる間に譲渡話が進み、でも届けたときには猫はいないという状況です。

かれんの前にも2匹譲渡されていますが、一番最初の猫(以前ブログで保護主さんを
探していた子です)が譲渡されたのは、2010年の年末近く。
ところが年末には次の猫の里親募集に応募していました。
年明けて1月に2匹目の猫を貰い受けていますが、そのころには次の猫の里親募集にまた
応募しています。この猫の話は途中保護主さん側が連絡取れなかったりしていて
ゆっくりとした進みになり、そこでかれんに応募してきたのです。

かれんを譲渡したのは2011年2月13日
ところが2番目に貰った猫(この子もエイズキャリアでしたが生後半年の若猫さん)が
亡くなったと保護主さんに連絡が入ったのがこの後。
亡くなったと伝えられた日は、かれんを譲渡した日の直前でした。

そして、かれんが正式譲渡される日の少し前、先ほど書いた年明け里親募集スタートの
猫のお見合いの約束をしています。
そしてかれんの正式譲渡後しばらくして、つまり3月初旬にその猫を貰っている。

ずっとかれんは元気と言われていましたが、実は2階の窓から逃げ出していたとのこと。
かれんが2階の窓から脱走するとは思えない、、けど。

このように4匹は毎月貰われて、次の猫を連れて行ったときにはもういない、という
ことの連続だったのです。
もう1組の猫は、その年の10月末だったのでちょっと離れていますが、今回告訴して
いない方の猫で10月初めに譲渡した猫もいますし、4月に譲渡された猫もいる。


一体何のために毎月猫を?



民事裁判の第一回公判は、来月頃行われるのではないかとのことです。
またここで日程をお知らせします。

スポンサーサイト

1 Comments

mowcoma says...""
ちょこさん、こんにちは(*´∀`)
河川敷の猫さん、元気になって良かった!
ちょうど暖かくなって来ましたし…(´∀`)

お疲れなのに、事件の概要をありがとうございます。
「いったい、何のために毎月猫を?」
…本当に、わかりませんね。
何らかの目的があるのは明らかだと思うのですが…。
二階の窓から脱走など、イイワケもとても不自然。

かれんちゃんの2/13の記事を見るたび、胸が痛みます。
長い時間がかかると思いますが、応援しています!
2013.04.17 15:14 | URL | #3jISyIMY [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://chokologue.blog113.fc2.com/tb.php/399-c78af35b
該当の記事は見つかりませんでした。