ちょころぐ+(プラス)

1号猫ちょこぼーるの憂鬱。後輩がどんどん増え計10匹の猫世帯。

奄美の海賊?2~にゃんこれ in 九州~

奄美最終日です。

朝は早くに起き(夜が早かったから・・・)、真ん前の海辺に行こうと部屋を出たら
予想通りというか、期待通りにニャンズが出て来てくれました。

一緒に海へ。
陸揚げしていた船でポーズ。
海賊塾

とってもフレンドリーなジジ君なので、たのしく遊んでいたら、
ジジ

拗ねちゃったのか、鳴きながらビルス君は戻って行ってしまい、、、
その後はしばらくジジ君の撮影大会。

朝日をバックに。
ジジ2

海をバックに、カイカイ~。
ジジ5

近付いて話しかけてくれます。
ジジ3

朝ごはんも海辺で食べて、ジジ君にはカリカリをおすそ分け。
暑くなって来たな~と思っていた頃に、ビルス君が戻って来ました。
きれいな若いおねーさんと一緒に・・・。
びるす2

ジジ君も早速ご挨拶に。
ジジ4

で、行ってしまいました。。。
まあ仕方ないね~。

こちらもそろそろ出発の時間。

玄関先にビルス君がやって来て、ガジュマルの木の前でポーズ。
びるす
帰り際にはみぃちゃんにも再会出来ました。

こうしてフレンドリーなさんたちとの楽しい時間が過ぎて行ったのでした。
ありがとうございました!


ところで!
先日たまたま「ブラタモリ」の再放送を観る機会があり、それが丁度奄美大島でした。
奄美の山に生い茂る蘇鉄。
ソテツ
ブラタモリとは別のリンクですが、奄美はこの蘇鉄に助けられたそうです。
蘇鉄って食べられるのですね。知らなかった!

そしてもう一つ。
今日のニュースにも出ていたのですが、「島のネコ問題」。
本日の記事はこちら→野外猫 早急な捕獲排除を

蘇鉄の記事にあったのですが、島は「作物はネズミの被害などにもたびたび遭った」そう。
その時はたちが助けてくれたんではないかな・・?
人がこの島に連れて来なければ、外に放さなければ起きなかった問題。
それを殺処分で解決するというのは、違うと思うけど。
に限らず起こっている問題だけど、どの場合も人が原因であることに変わりない。

頑張っている方々もいらっしゃいます→奄美猫部
雑誌「ねこ」の最新号も奄美大島特集です。

どうか悲しい手段を選ばれることがありませんように。



スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。