ちょころぐ+(プラス)

1号猫ちょこぼーるの憂鬱。後輩がどんどん増え計10匹の猫世帯。

ソリアノ

今も内戦が続くシリア。
アレッポから反体制派が完全に撤退することで、アサド政権側と合意したとの
ニュースが流れましたが・・・
人が暮らしていけない戦火の中で、人に寄り添って生きてきた動物たちは
どうなってしまっているのか?

しばらく前にニュースになったそのアレッポの「猫の避難所」のことを、
目にされた方も多いかと思います。
11月には空爆を受けて犠牲も出たとか・・・。
小さな動物や子供たちが、人間の大人の争いに巻き込まれ、被害に遭うというのは
本当にいたたまれない話です。


そんな折、ふと思い出したのがずっと以前に呼んだ雑誌の記事。
1999年8月号ですが・・。
ソリアノ2

ベネツィアではは「ソリアノ」と呼ばれるらしい。
ソリアノ3

シリアはかつて「ソリア」と呼ばれていたようで、ベネツィアのの母国の一つと
考えられている。
ソリアノ

遥か昔、船の積み荷をネズミから守るために、様々な交易国から海を越えて
やってきたたち、その母国で暮らすたちは日々危険な状況に置かれている。
もちろん他の動物たちも。

今日の猫の避難所のTwitterには「Bye bye Aleppo .. hope to comeback soon 」の
書込みが。。

どうか一日も早く内戦が終わり、彼らにも「甘い生活」が与えられますように。




スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。