ちょころぐ+(プラス)

1号猫ちょこぼーるの憂鬱。後輩がどんどん増え計10匹の猫世帯。

猫旅~2012の思い出~

----------------------------------------署名のお願い------------------------------------------

  我が家から里子に出した「かれんちゃん」が里親詐欺に遭いました。
  他の被害者と一緒に相手の男を告訴し、現在起訴を待っている状態です。

  男が起訴され厳罰に処されるよう、署名活動を行っています。
  詳しくは★こちら★の記事をご覧ください。どうかご協力お願いいたします。
  ※署名用紙に名称等がなかったため、遅ればせながら入れたものに
   上記リンク先の用紙を差し替えました
   会の名称は「枚方猫里親詐欺事件・被害者の会」です。
  ※ネットプリントの登録番号は07305825です。ネットプリントについては★こちら★
  ※追記:署名の期限についてご指摘頂きました。現段階でまだ具体的な期日は
  書けないのですが、おそらく1月中旬~下旬頃に起訴・不起訴が決定されるのでは
  ないかと思われます。曖昧で申し訳ないですが、1月中旬目途にお願いいたします。

それと、男が貰い受けた猫の保護主さんも探しています。詳しくは→

-------------------------------------------------------------------------------------------------


2012年も後二日ほどになりました。
今年は色々ありました。。。。
このブログを通して、皆様には本当にお世話になった1年でした。
特にかれんのことは今も継続中で、ご心配をお掛けしています。
新年には少しいい話が報告できればと願っています。

そしてもうひとつの思い出、

春、旅先での仔猫たちとの出逢いがありました。

4匹の仔猫達、不幸なことに箱に入れられ、高いところから落とされたようです。
それでも必死に溝の中で、助けを求めて鳴いていました。
5月半ばの出来事でした。
※いきなりちょっと驚かしてしまう画像かもしれません。

必死で助けを求めて泣き叫ぶ、ちゃーみー。
思い出
ぐらみーも一緒ですが、横のしろみーは突っ伏したまま動けません。

くろみーも濡れてしまって、箱の下でぐったりしていました。
思い出14

こんな風に前日の雨で濡れたままの仔猫たちでしたが、夏のような日差しで
濡れた毛皮が乾き元気を取り戻したみたい。
その後水で緩めたウェットフードを食べることも出来ました。
ちゃーみー&ぐらみー、くろみーはしっかりご飯を食べていましたが、溝の中で
ぐったりしていたしろみーは、食べようと必死でご飯に近付いてきますが、
ご飯の上でばたばた手足を動かすだけで、ご飯を食べることが出来ませんでした。
そんな状態で彼らを置いていくわけにも行かず、はるばる大阪まで連れて帰って来ました。

連れて帰ってきた翌日。
どの子も猫風邪で目が開かなかったり、腫れていたり。。。
お世辞にも可愛いとはいえない状態でした。

上からくろみー、しろみー、ぐらみー、ちゃーみー。
思い出2思い出5
思い出3思い出4
それでもすぐに元気になって、兄弟ではしゃぐようになりました。
お腹が緩くて苦労しましたが、それでもご飯をいっぱい食べ動き回る仔猫たち。
我が家にやって来て5日目の写真です。
思い出6

1ヶ月が過ぎ、みんな可愛く成長。
誰も欠けることなく大きくなって、安心したこの頃。
思い出7

1ヶ月と10日で、しろみーとくろみーは新しい家族の元に旅立ちました。
思い出8

カラフル4兄弟、こんな写真も撮り納め。みんな可愛く大きくなったね。
思い出9

その後4ヶ月弱、残った男子組みは我が家の猫たちとも上手く付き合いながら
仲良く暮らし、10月にようやく新しいおうちに引っ越したのです。
思い出10

まさか旅先で箱に入れられ捨てられた仔猫を拾うことになるとは・・・。
去年は違いましたが、一昨年とその前の年も同じく箱に入れられ捨てられた仔猫を
保護しています。
今年の子達は雨で濡れていたので、より悲惨な感じがしました。

捨て猫は悲惨です。
仔猫たちは必死で生きようとしているのに、それを人間の手で断ち切ろうとする。
今年の子達も、もう少し出会うのが遅ければ命は無かったかも・・。

来年は捨て猫に出逢わないようにと願います。
もっとも保護した仔猫たちは、それはもう可愛かったのですけど。


書いているうちに30日になってしまいました。
今年はまりりんが膀胱炎になったり、ちょこぼーるが体調を崩したりといったことも
ありましたが、大事にならず治って良かったけど、そろそろ年齢的も要注意かな。
皆さんもどうかくれぐれも体調にはご注意を。
そして良いお年をお迎えください。

A Happy New Year!

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。