ちょころぐ+(プラス)

1号猫ちょこぼーるの憂鬱。後輩がどんどん増え計10匹の猫世帯。

サプライズ だったのだ

また2週間空いてしまいました。
前回記事の仔猫のロールに優しいコメントありがとうございました。
今は静かに眠っているロール、ロールの分まで他の猫たちが長生きできますように。

消えてしまった画像は再生ソフトで1/10くらい復活した様子です。
新しいハードディスクは寝かせるようなタイプにし、保存作業も大体終わりました
(若干途中で投げてたりしますが)

ということで大変遅くなったのですが、ハードディスクを壊したあの日にいただいた
サプライズな、嬉しいサプライズなプレゼントを今頃ですが紹介させていただきます~。

そう、郵便で送られてきたクロネコ的生活のクロpapaさんからのプレゼント。

てっきり猫グッズが入っているのかと思いきや、なんとクロpapaさんの母校
「バカ田大学」のファイルとノートではありませんか!さらにびっくり~。
072.jpg

ノートの表紙をめくるとご丁寧に校歌まで書かれています。
「みやこの西北、ワセダのとなり~・・・」と懐かしのメロディが聞こえてきます。
071.jpg

「これでいいのだ」とよくないときでも肯定してしまうバカボンのパパの名言に
人生はこうして生きていけばいいのだとの安心感を覚えますよね。

バカ田大学グッズのほかにも可愛いネコさんグッズと、クロちゃんのカードもありました。
クロちゃん、トンネルから出したお顔の表情の微妙な違いが可愛いです^^。
073.jpg

クロpapaさん、いちもいつもありがとうございます!
ノートとファイルは、会社で使う勇気が無いのでしばらく大事にしまっておきます。


少し話は変わりますが、今日たまたま通りかかったフォトギャラリーでの催しの紹介です。
東日本大震災 03.11
岩手出身の若い写真家さんが東北地方の人々を撮影しています。
写っている人々の置かれている状況、その説明書き、なんといっていいのか・・。
今週末の土曜日にはトークイベントもあるそうなので、興味のある方はどうぞ~。
ギャラリーの雰囲気・内装もとても良いですし、ねこさんもいましたよ。

あともうひとつ、福島第一原発で暮らしていたワンコの記事の紹介です。
その子はもう亡くなってしまったのですが、せめて飼い主さんに見つけてもらえるようにと
写真が掲載されています。どうか飼い主さんの目に留まりますように。
福島第一原発 たまとジョン
猫のたまちゃんは保護されています。放射能の中を生き延びたたまちゃん、
どうかこれからはゆったりと暮らせますように。

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。