FC2ブログ

ちょころぐ+(プラス)

1号猫ちょこぼーるの憂鬱。後輩がどんどん増え計24匹の猫世帯。

きなまま その後

一時復活していた「きなまま」に大事件が・・・。

1週間ほど前の事、朝ご飯を持って行くと、血しぶきが点々と・・・。
誰?「とと」か「ちびた」が鼻くそ飛ばしたときに一緒に??

その夜きなままの口元を見てびっくり!
口の周囲が血だらけ・・
口内炎が悪化して血が出てしまったのだと思いました。
当然食欲は出ません。
きなまま

そしてあらためて口元を見たら、なんか切れてる気がする・・・。
痛くて口を掻きむしって切れてしまったんでしょうか・・・?
爪切っておけばよかった;;と落ち込んでいたのですが、
病院で診てもらったところ、口内炎の悪化とのことで、今回は持続性のステロイドを打ちました。
その後は良好で、先生に効かなければ強制給餌もと言われていましたが翌日からばくばく。
良かったです。
若干よぎるのが「くろいの」のこと。
くろいのも打ったその日からいっぱい食べて、3日後には食べなくなったな・・と。
きなままは血液検査の数値も問題なかったので、大丈夫と思いますが。

注射を打ってから今日で一週間、元気にカリカリまでも食べています。
ずっとというわけにはいかないけど、このまましばらく体力付けてもらえると安心です。
きなままは体格は我が家最小。
でも気が強くて野性味溢れる、甘えん坊さんです。


スポンサーサイト



きなまま ダウンからちょい復活

ぴけのふらつきは完全には治らないものの、それなりに落ち着いて来て
ちょっと気が抜けていた所、今度は「きなまま」が口が痛くて食べられない!とのこと。

10日くらい前だったかと思います。
前日の夜は、いつものようにベランダに脱走し、入って来ると抱っこをせがむという
いつものパターンで元気だったのに、翌日朝から食べなくなりました。
多分11月22日くらい?だったかと。
ちゅーる類やスープ系は食べてくれたのですが、全然足りないまま3日程経ってしまったので
病院へ。

車で待機中。
きなまま1-2
やはり、くろいのに似てる・・・気がする。

血液検査をしてもらって(お年の割りにはいい感じ)、抗生物質を打ってもらいました。
そして1週間弱。
その間ウェットは結構がつがつ食べてくれ、またお魚やささみのふりかけもOK。
この3日程は自分の好きなカリカリであれば、少しですが食べに出て来るようになりました。

でもちょっと痛くて、、、の図
きなまま1

まあひと安心。
くろいのやA子は食べられなくて、、それに比べ痛くても食べるという強さがあります。
それは「るあ」も同じでした。
まあ「るあ」はたとえどんなに痛くても、食事の席にはほぼ参加してましたけど。
食べられないことがどれほど辛いかを知っているのか、あるいはまだ食べられる程度の痛みなのか
それは分かりませんが。

ともかく、元気溌剌とまではいきませんが、持ちこたえられそうで良かった。

ただ痛くなってからいつもの「抱っこ~」アピールが無くなりました。
片付けが終わってから毎晩だったので、結構面倒^^;だったのですが、無いと心配。
病院へ行ったことも警戒してるのかな?

またそれも復活するといいな
きなまま


追記)この記事を書いたその夜、ベランダに出てくつろぎ、帰って来てからいつもの「抱っこ~」
その後カリカリをばくばく食べていましたとさ。
もっともお口は痛いようなんですが、まあマシです。

このカテゴリーに該当する記事はありません。