FC2ブログ

ちょころぐ+(プラス)

1号猫ちょこぼーるの憂鬱。後輩がどんどん増え計24匹の猫世帯。

仲間になりやすいのは?

は同色・同柄だとやはり仲良くなりやすいのでしょうか?

これなら「とと」も寂しくない?
仲間
うちのちゃとら(ちゃしろ)勢揃いです。
前から「がっちゃん」「ちゃと」「しゃっしー」、右に「とと」
左3匹の段々具合が楽しい♪

きじーずも相変わらずくっついていることがあります。
仲間2
兄弟3匹仲良しでありがたい。
左から「りんご」「ちびた」「はやた」

目付き悪・・・。寝起きだったか?

時代のくっつき写真は、可愛かったけどね。
仲間3

スポンサーサイト



仲良しは羨ましい(とと)

1ヶ月振りですが、まあまあ元気です。
世間ではコロナも少し落ち着いて来て、それはそれでまた仕事もその対策で面倒ですね~。
でもあと一頑張りせねば、ですね。


さて、我が家の猫ファミリーには仲良しグループは幾つかあるのですが、相変わらずスリスリが多い
「ちゃっしー」と「しんちゃん」。

この日も仲良く、ご飯後もお皿の前で並んで座ってはスリスリ~、スリスリ~。
それをなんだか羨ましそうに眺める「とと」
猫関係

すると「とと」と仲のいい「ちゃと」が近付いて
猫関係2
慰めてくれました。

「ちゃと」は「とと」の事を良く構っています。
仲の良かったB君が居なくなって、寂しいのもあるのかな?
その頃から人への甘えも増しました。
どちらにしても「とと」を構ってもらえて助かります!



他は、「るあ」と「A子」が口内炎が治らず、、、です。
「A子」はかなりご飯を食べられなくなったので、病院で錠剤のステロイドを処方してもらいちょっとましに。
口内炎A
左が「A子」。よだれが・・・
右はお母さんの「たいちゃん」ですが、こちらはがっちり体格で元気です。

「るあ」もメタカム使っていましたが、痛みが戻ってしまっていました。
口内炎るあ
右下が「るあ」。わりとうつ向いていることが多いかな;;

そこで「ナノウェルオーラルケア」という「ナノ化された大豆油脂肪酸のブラウン活動で汚れを剥離洗浄、
強力な抗菌力と消臭を発揮。慢性の歯肉炎や口内炎の原因菌を大幅に減少し、症状を軽減します(試験済)。」
というケア用品を使ってみましたが、割と効いているような気がします。
どうか痛みが緩和されますように!

あと「ぴけ」のオシッコの色が薄くなって来たので(ペットシーツ派なのでわかり易い)、セミントラ服用。
ぴけも5月初めに12歳になりましたから、気になるお年頃です。

皆いろいろあります。
余り触れない子たちが病気にならないよう祈るばかりです。


このカテゴリーに該当する記事はありません。