ちょころぐ+(プラス)

1号猫ちょこぼーるの憂鬱。後輩がどんどん増え計10匹の猫世帯。

北海道の生き物~北のにゃんコレ6~

猫じゃないんですが、

キタキツネと遭遇しました。
車を追いかけてきて、、バックミラーを見るときちんと行儀よくお座り。
夕張10

ご飯欲しいんだろうな~><

なんだか随分悲し気な表情で追いかけて来ました。
夕張11
ご飯見つかるといいね。。

たくさんの道路ができることで、人間は便利になったけど、野生動物の住処や餌場は
分断されるとの話を聞きます。雪が解けてお腹もすく時期だろうからね。

中之島公園で、こちらも行儀よくお座りの鴨夫妻、ご飯待ち。
行儀よく
こちらはほのぼの、かな。

それと目についたのがタンポポの群生。他にも見かけました。
夕張3

大阪にはこんな土地はありませんね~。


スポンサーサイト

夕張紀行3~北のにゃんコレ5~

翌日は定山渓に
がたくさんいるらしいとの噂だったが、見当違いの所を歩いていたのか
一匹も出会えず。

桜と鯉のぼり
定山渓

その後山中を移動し、たちにも出会えないまま大雨になったため、屋外は諦め、
がいるとのことだった「雪月画廊」さんに。
ところが定休日だったようで、、、でも見学だけならと快く迎えてくださいました~!
こちらは廃校となった喜茂別旧双葉小学校を資料館として、かつライダースハウスとして
利用されているそうです。

さんは4匹いるそうで、逢えたのは2匹。
雪月画廊
ふわふわの三毛ちゃん。

開拓当時の資料なども展示されています。
雪月画廊3

雰囲気のある旧職員室
雪月画廊2

ヤギ(預かり中らしい・・・)は雨の中。
雪月画廊4

それにしても、北海道は広過ぎてなのか寒すぎてなのか、南の島のような
スポットには巡り会えない気がする。

夕張紀行2~北のにゃんコレ4~

夕張からの帰り道、山間の集落で出会った
夕張13

白樺を狙う?
夕張12

たちの撮影をしていると、年配の女性から声を掛けていただきお茶をご馳走に。
→おとーさんのブログ

表にはたち。
置き去り?にされたらしいが、近隣の方で面倒見ているそう。
夕張14

そしてさらに進むと、民家の入り口付近で水仙バックにきれいな茶とらーず
夕張2

人懐こいこの子たちは、果樹園で飼われているようで、ネズミ退治もしてるのかも。
夕張15jpg

この黒さん、足の指が2本ずつだけ白かった。珍しい~。
夕張4




夕張紀行1~北のにゃんずコレクション3~

ちょうど去年の今ごろ、春まだ浅い北海道・夕張を訪ねた時の思い出です。
結構写真撮りに行ってるのですが、全然アップが間に合わず・・。

これは1年ぶりとなりました。

2016年5月10日、千歳空港から夕張へ

最初に出逢ったこのこは、胸にくっきりハートマークのある白黒。
夕張6
堂々としていてボスっぽい。

これだけでも珍しいのに、さらに
夕張8
ダブルハート!

3年前おとーさんが訪ねた時
ご飯を貰っていた喫茶店(廃業された後、たちのために配食していた)にはたちの姿は見えず
一段上の通りにこの子たちがいました。8匹ぐらい?
冬の間は、人のいなくなった建物で雪を凌いでいるのかな?
夕張7

上の写真の建物は、全景がこんな感じ
夕張5
それでもお外よりは暖かいはず。
建物の前のおうちには、のご飯入れがありました。

この前の年、千歳から函館まで車で移動しましたが、北海道の郊外は廃屋も多く、
北海道に限らずですが地方は厳しいという言葉が身に染みて感じられます。
ちなみに6月までに夕張にふるさと納税すれば、7月ごろに夕張メロンが頂けるそう^^。

廃屋の前
夕張
SNACK エリート

今年の冬はどうやって凌いだんだろう?
今は桜も咲いて過ごしやすくなったかな?
夕張9

雪を眺めて~北のにゃんコレ2~

今月初めに行った、富山県氷見市。

氷見

しばらく前に降った大雪の名残があちらこちらにありますが、
それでも外に出て、その空気を感じるのが好きらしい。
氷見3

あたりはこんな風。
氷見4

ほんとは3匹いたのですが、1匹はどこかに歩いていってしまいました。

氷見市といえば「世界に誇る景観、海越しの立山連峰」が有名だそう。
前日は雲が垂れ込めた空から雪が降りしきるような天気で、風景撮影は諦めていましたが
展望台に付いた頃には晴れ始め、少し霞んでいるとはいえこんな写真も撮れました。
氷見2

君達のおかげかな?
氷見5


このカテゴリーに該当する記事はありません。