ちょころぐ+(プラス)

1号猫ちょこぼーるの憂鬱。後輩がどんどん増え計10匹の猫世帯。

台風

大きな台風が九州に近づいてます。
というかすでに南部は台風の渦中かと。
我が家でもかなり風が強くなっています。
daihuu.jpg


もし予報円の中心付近を通ると、この猫さんたちの住処もまともかも・・・。
丘の上で港が見下ろる、その分風も強そう・・・。
さいかい3

兄弟かな?人懐こいです。
さいかい

丘の上の公園、建物はトイレくらいだったでしょうか?
どうかうまく隠れて凌いでね。

夕暮れ時、丘を下っていると、港を眺めていた猫さん。
さいかい2
・・お邪魔しました。。。

猫さんも、そしてもちろん人間も、どうかくれぐれもご無事で。

スポンサーサイト

長崎ねこさるく⑦~宵の明星~

迷い猫の「ぷりん」、術後も元気にしています。
が、我が家の猫になんだか厳しくなってしまって、、、
かつ「ちびた」が「ぷりん」を攻撃するようになりました><。
大人猫さんはなかなかすんなりとは行かないものです。

さてそれでもしつこく、まだ5月のねこさるくの続きです。

2日目の夜は長崎市内に宿泊。
なので暗くなるまで市内散策、最後はこちらの公園の猫達を撮りに行きました。

おじさんに懐いていた猫達ですが、初めての人は遠巻き。
yoi.jpg
いいことです。

結構たくさんの猫達がいて、10匹は見かけました。
5月というのにみんなまるまる、ころころしていてほっとします。

ずっとついて来てくれた猫さん。
体調が悪いのか毛並みが悪く汚れてしまっていたけど、、、
yoino2.jpg
どうか治りますように。

西の空を見上げると、大きく輝く明星が。
yoi3.jpg
水平に伸ばした左手は平和への思いを示すものだそうです。

猫たちも人も、この先ずっと平和で暮らせることを心から祈ります。



・・・うちの猫たちも^^;;

長崎ねこさるく⑥~坂の上と坂の下~

長崎ねこの続きです。

温泉街から、道中ウキウキビーチなんてところも寄り道しながら長崎市内に移動。
ウキウキビーチ近くの坂の上で出会った猫さん。
猫さんから「こんにちは」と挨拶してくれました。
nekosaruku0513
か~わい。

長崎市内は2度目。
2日目と3日目の午前中を長崎市内のさるくで過ごしました。

前回も最初訪れたグラバー園近くの広場。
nekosaruku05146_20150614073245f7c.jpg
ベンチを占領中。

前回ひさしの上にいた可愛い三毛猫姉妹も大きくなっていました→右側
0nekosaruku05147jpg.jpg

実際はもっとたくさんのフレンドリーな猫さんがいます。
nekosaruku05148_201506140741002b1.jpg
大勢集まってくれて、ありがとう。

別の坂の上です。
nekosaruku05143jpg_20150614073242bc0.jpg
神社の周囲で暮す猫さんたち。こちらは余りフレンドリーではなく・・
でも6匹ぐらいの猫達と会うことが出来ました。

最終日の朝は繁華街の付近を散策。

賑わいの後の静かな街。
nekosaruku05147.jpg
なかなかここより前には出てきません。

三毛母さんと仔猫。
nekosaruku0514_20150614073241e94.jpg
ご飯をくれる人もいるようですが、この親子に限らずみんな警戒心バリバリな子が多い。
仔猫がいるから余計なんでしょうが。
いくつか見かけたポスターは、ありきたりの「えさをやらないでください」ではなく
飼い主の責任と避妊手術の勧めが書かれていて、頑張っている長崎市ですが、
このあたりはまだまだなのかな?

こちらは別の坂の途中。
お食事どころの暖簾の前で待っている猫達。
nekosaruku05149_20150614074101601.jpg
グレーの子は飼い猫さんのようですが、毎日遊びにくるそう。

屋根の上で寛ぐ三毛ちゃん。
nekosaruku05145_201506140732436e6.jpg

多くの屋根が見下ろせました。
nekosaruku051410.jpg

坂の上と坂の下では、たまたまかもしれませんが出会った猫達の表情が違いました。
穏やかに暮らしている人々の近くでは、やはり猫たちも穏やかに暮らせそうです。
どこで生まれても猫達がゆったり暮らせる、そんな人間の暮らしになれば、
この世は幸せなんでしょうけどね。



長崎ねこさるく⑤~温泉猫~

涼しい日が続いてますね。

迷いさんですが、木曜日の朝は下痢と嘔吐でどうなることかと思いました。
その日は一日中元気が無く、夜になってようやく食べることが出来ました。
金曜日からは元気で、少しずつ我が家の達にも馴染んで(?)来たようです。
まだシャーって言ってますが。(基本は隔離中です)
この前、少し肌寒かったので毛足の長いベッドカバーを敷いてあげたら
踏み踏みしてました^^。

さて長崎の旅の続きです。
1泊目は小浜温泉に宿泊。
その日もかなり気温が低くなり、4月だというのにかなり冷えてました。
町中の至る所から温泉の湯煙があがるので、ついついそこで暖を取ってしまいます。
夜の街でもを何匹か見かけました。

翌朝湯煙の町を散策。

朝一番に会った飼いさん。
温泉猫3

坂の多い街。大きく煙が上がっていたところ。
温泉猫
家々に温泉を運ぶパイプ。
暖かいのでしょう。猫がくっついています。
冬は猫達のとってはかなり重宝されそうなパイプです。

このパイプは↓、、、きっと普通の雨樋ですね。
nekosaruku05133.jpg

猫達の面倒を見ているお母さんたちのいる住宅地前。
nekosaruku0513.jpg

みんな可愛い子達。
温泉猫4

枡のふたの周囲のコケがきれいです。
nekosaruku05132.jpg

ちょっと警戒気味?
温泉猫5


街中の小さな温泉。ここにも遊びに来てました。
(上記住宅地の子達のお仲間です)
温泉猫2

温泉街、人馴れしていない子も勿論いますがやはりほっこりのイメージです。

長崎ねこさるく④~雲仙~

5月中旬に再度長崎を訪問、
今回はまず雲仙にいるという噂の達を尋ねて来ました。

道中、普賢岳・平成新山が見えます。
雲仙
最近噴火活動が多く、普賢岳の噴火のテレビ映像を思い出すことも多いような。

さて噂のたちですが、早速遭遇~!

仲良し3匹組です。
最初は中央のきじだけだったのですが、すぐに集まってくれました。
雲仙2
かなり観光客慣れしているようです。

煙にも慣れっこ。
雲仙3

おとーさんのブログにはもっと煙に巻かれる猫達の写真を載せてます~。

雲仙温泉街でもさんたちに会いました。
雲仙7
とっても猫好きな店員さんや猫を飼ってらっしゃる駐車場のおじさんとも
お話できましたよ。

帰りには、雲仙災害記念館道の駅 みずなし本陣で普賢岳の噴火の記録を見学。

雲仙災害記念館の横に立つ旧大野木場小学校。
雲仙5

説明プレートにもありますが、火砕流とは別に熱風部に襲われたとのこと。
雲仙4jpg
生徒たちは避難していて皆さん無事だったそうです。

当初熱風で焼けてしまった、でも見事に復活したイチョウの木。
雲仙6
たくましい自然の力に救われます。

こちらは道の駅 みずなし本陣に当時のまま保存されている民家。
島原廃屋

口永良部島でも噴火が起きたとき、以前の噴火のことを教訓に避難されたとか。
災害は起きて欲しくないですが、起きたときに極力被害が少なくなるよう、
過去の記録を語り継ぎ、学んでいかないといけないですね。

このカテゴリーに該当する記事はありません。