ちょころぐ+(プラス)

1号猫ちょこぼーるの憂鬱。後輩がどんどん増え計10匹の猫世帯。

猫詐欺事件 裁判終結

2012年5月、かれんの行方不明事件の件で弁護士の先生に相談してから
早3年が経ちました。

民事訴訟にて大阪地裁、大阪高裁に提訴、ともに勝訴ではありましたが、
その内容を不服とし、最高裁に昨年夏上告していました。
その結果が今年の3月3日に言い渡され(勿論書面です)、
受理すべきものとは認められないとのことでした。
先生によると門前払いだそうです(苦笑)

ということで3年に渡って争ってきた裁判は終わりとなりました。

結局、かれんに何が起こったのかは全く不明。
一体あの子達の身に何があったのでしょう?

最近も同じような事件の話を聞きました。
何のために達を集め、何処に連れて行っているのか?
被害に遭った方々と達のことを思うと、本当に辛いです。
この事件では、男性一人暮らしだと警戒されるからか、
実際は一人暮らしなのに、女性用の衣類などを部屋においてあった
と言う噂も聞きました。

事例として、今回の事件を時系列でまとめた記事を別途書きました。
今後何かの参考になればと思います。
※リンク先、この記事の下に時系列をまとめています。

どうかこのような事件が一刻も早く姿を消しますように。


スポンサーサイト

猫詐欺事件の経緯

我が家のかれんを初め、多くの猫達が行方不明になった事件の経緯を記します。
内容は同じ被害者の方から直接お聞きしたものもの、その方たちが集めた情報も含みます。
尚、文中のA、Bは共に告訴した方、その他のC~Gは譲渡を行った方々を指す。
Hは相手方(詐欺犯)を指す。

事件のスタートは2010年年末。
この時期が一番初めかどうかは不明ですが、私たちが集めた情報ではここからがスタートです。
相手方の男性は、30代の一人暮らしでした。

2010年11月  1番目の猫。
         いつでも里親募集中にて応募。Hから希望あり。
         11月23日トライアル開始。その後はメールでやり取りし正式譲渡
2010年12月  2番目の猫。長毛ちゃとら。
         22日ネコジルシに掲載した記事に応募メール。
         1月16日にトライアル開始。その後メールのやりとりが2月10日まで。
2011年 2月 1日、Aのところに里親希望のメールがはいり、3月21日まで電話等でやりとり。
         3日、Hからかれんの里親希望のメールが入る。
         6日、里親会で面談
         13日、かれんを届ける。このとき2番目の猫の姿無く、亡くなった猫の写真を見せられる
         14日、2番目の猫が亡くなったと保護主にHから電話が入る。
         かれんの名前をチェリーにしたとのメールがHから入る。
         その後メールでやり取り。
         21日 Aから相手にTEL、滞っていた話を進め、猫見学日程打ち合せ。
         27日 27日かれんの正式譲渡のメールをする。
2011年 3月 11日 Aのところで4番目の猫のお見合い。そのままトライアル。かれんは不在。
            その後メールのやりとり。
         14日 Hにこちらからメール。かれんは元気とのこと。
         22日 4番目の猫が脱走したとのメールあり。捕獲に向けやり取り。捕獲機貸し出し。
2011年 4月 上旬 Cさん、飼えなくなった猫を譲渡。2拍3日でトライアル。その後譲渡
         10日 体調が悪く4番目の猫を探せないとのことで、捕獲機を返却。
2011年 6月 京都のD、生後約1ヶ月の仔猫2匹をいつでも里親募集中に掲載。
         6 日  連絡が入りる。別に希望者がいたが連絡無く、13日1匹目トライアル。
         19日 他の希望者から連絡が入らず2匹目も譲渡。
             この時1匹目検便等で知り合いに預けたとのことで不在。
2011年 7月 18日  Cさんの元に問合せ。
             いつでも里親募集中にHの譲渡履歴があるのに、欲しいといわれた。
             CさんからHに連絡。PCウィルスのせいとのこと。
         別の人からも同じように問合せあり。
         中旬 Hにメール。かれんは元気とのこと。
2011年 8月   Dさん、Hに猫を譲渡。
2011年10月  4日  Eさん、Hに猫を譲渡。このとき他の猫がいた気配はなかった。
         下旬  Bさん、いつでも里親募集中に記事掲載。
          27日 Bさん、猫譲渡。その後メール等でやりとり。
2011年11月  12日 とあるブログ主さんにいつでも里親募集中経由で、Hより里親希望メール。
              男性一人暮らしとのことで断る
2011年12月  中旬  Bさん、ペルシャ猫の里親募集をいつでも・・に掲載。
     20日  Hより希望のメール。Bさんたちとは気付いていない。
              前に渡した猫はどうなったのか?の問いに、友人が保護した仔猫を預かる替わりに
              友人宅に預かってもらっている。
         21日  H宅にBさんたちが訪問。
              友人は忙しく連絡とれないとのこと。再三連絡取るように伝える。
         23日  友人が猫を脱走させたとの連絡が入る。その後Bさんは何度も探しに行く。
         Hにも同行するよう言うが、体調が悪いと断られる。
              そこでH宅の仔猫を保護して帰る。
BさんたちがH宅で保護したのは
ずっと保護主さんを探していたこの子です。2012102308532993as_201505071452236b4.jpg


長くなりましたが、ここまでが事件発覚までの大まかな経緯です。
貰い受けた猫がいる状態で、次の猫を物色していたこともわかります。
被害者たちのHに対する印象は、丁寧で優しい。
私もすっかり騙されてしまいました。
また譲渡後不審を感じることもあったのに、甘く考えてしまったことが大きな反省です。

Hはこの後も、2011年12月、2012年2月、2012年5月にも里親希望をいくつかの方法で
行っていたことがわかっています。
5月の方は既に事件についてご存知だったため、またその前の2件も幸い譲渡には至ってません。




        
       

控訴審判決について

先日お知らせしたとおり、本日かれんの猫詐欺事件・控訴審判決が
大阪高裁で言い渡されました。

内容は、
①猫の引渡し請求は、一審の判決どおり却下
②賠償金については、前回1匹10万円だったところが倍増の20万円です。

猫引渡しの却下理由は、猫の写真等があっても該当の猫であることが確認できない、
ということでした。
この結果について先生をはじめ私たちは全く納得していません。
盗まれた物品を、それが特定できないという理由で返却しなくていいなどということは
ありえないこと。
にもかかわらず、猫について認められないのはおかしいのでは?
各人が交わした猫の譲渡契約書にも、適正な飼養・管理が行われていない場合は
譲渡者は猫の引渡しを請求できるという文面も無意味となり、今後里親探しをする
ボランティアとその猫を守る術がなくなってしまうということになります。
まして数年前の詐欺事件の際は引渡しが認められたという前例もあるのです。

②の賠償金が倍増されたことは、それなりによかったというしかないですが、
動愛法で遺棄については100万円以下の罰金となっているので、比較すると
かなり少ない金額と思われます。

弁護士の細川先生がTwitterで判決書で評価できる内容は、、とを書いてくださっていますが
事件の罪の大きさを認めているような文章の内容であるにもかかわらず、
請求額の1/5というのは、やはり残念。。。

ということで、上告することとなりました。
引き続き応援をお願いいたします。

MSN 産経ニュースさんが控訴審結果について取り上げて下さってます。
こちらもお読みください。

よろしくお願いいたします。


明後日、控訴審判決です。

無事沖縄から戻りました。
天気は予報よりは晴れ間が少し多かったかな・・?
明後日くらいには沖縄梅雨明けのようですね。

さて明後日といえば、かれんの行方不明・詐欺事件の控訴判決が言い渡されます。
他のと同じ法廷での言い渡しにはなるでしょうが。。
どうか最初の判決で言い渡された、猫の引渡し請求の却下が覆されますように。

094_20140625225057983.jpg

追記:明日の高裁判決ですが、下記のスケジュールとなっております。
6月27日(金)13:15~  大阪高等裁判所にて
※もし裁判への同席が可能な方がいらっしゃいましたら、12:55に大阪高裁中央ホールまでお越しください。
どうぞよろしくお願い申し上げます。



ねこ詐欺事件 近況

かれんが行方不明になった事件、控訴審の1回目が先月終わりました。
複数の事件の言い渡しが同時にされます。

その中でも、弁護士の先生の口頭での説明の場があったりして、、、
少しは期待が持てるんでしょうか・・??
と思ったら、あっさり結審は6月27日ですとのこと。
次回ももちろん複数です。。。

・・・。

弁護士の先生は、事件に力を注いでくださってます。
そこでまた新たにテレビニュースに取り上げていただくことになりました。

6月5日 朝日放送系列(おそらく関西ローカル)で18:15~くらいの予定です。
相手の男性への取材もしてくださっているようです。

皆様、どうかご覧ください。

094_20140604000203cb7.jpg

このカテゴリーに該当する記事はありません。