ちょころぐ+(プラス)

1号猫ちょこぼーるの憂鬱。後輩がどんどん増え計10匹の猫世帯。

加太~ちょこお留守番~

先々週の休みに、和歌山の加太に行って来ました。
港のにゃんこを期待していったのですが、会えずじまい。
結構いいお天気で、ご飯食べたら動く気がしなくなったのも敗因かと・・・。

さて加太行の電車は、売り出し中のめでたいでんしゃがあるのですが、行きは運よく乗れました~
座席や吊革もおさかな仕様で可愛いんです。
加太

到着後は港と淡島神社目指して移動。
道中のさん
加太11

加太12
2匹も会えたので、期待していたのですが・・。

淡島神社は人形供養のお寺として有名ですが、いろんな人形が奉納されていて
加太2
招きも奉納されてしまうんですね・・。

でもそのおかげか何匹かのさんに遭遇。
加太5
下は古井戸か何か?

鳥居の近くでお昼寝中の所、失礼しました。
加太4

結構いるらしいんですが、昼間はまだ暑いからか出て来ない様子。

酒屋さんに遊びに来ていた隣のさん。
加太3

その後酒屋さんの紹介のお店でご飯をいただきました。
豪快なしらす丼~。
しらす

その後お店のおかみさんが、国民宿舎のところまで行くなら送ってくださるとのこと!
平日は時間が取れれば、とのことで有り難く乗せて頂きました。
道中シラス丼は名物ではなく、本当の加太の名物は「鯛」なんですよとのお話が。
毎朝加太の漁場で釣って来られるそう!また食べに行きたいです。

加太の向かいの島、友ヶ島が軍の廃墟で有名ですが、実は加太にもあるそうで
それが国民宿舎のある山で見学できるというこtで行って来ました。
加太10
地下もあります。
多くの砲台跡もあるので、海に敵船が来たら、ここから発射したのですね。

また夕日が非常にきれいだそうです。
が、ちょっと時間も早かったので、、、友ヶ島
加太9

もいないので「きのこ」撮影
加太6

でも国民宿舎からの帰り道、山の中腹の民家も無い当たりで、側溝を山の上に向かって
歩いて来るさん発見。
写真は取れなかったけど、猫の行動範囲って結構広いんですね。

また次に来たときは大勢の猫たちに会えるといいな。


スポンサーサイト

ちょこお留守番~ラッコのご飯タイム~

ラッコが演技をするなんて~とコメントをクニさんからいただきました。

私も見たのは初めて!
お腹で貝を割るだけではないんですよ~。
ただビックリして(?)カメラのISO設定を間違い、シャッタースピード遅すぎの写真ばかり。。
でもせっかくなので載せてみました。

まず飼育員さんが入って来た扉、後に見えていますが
らっこ5
この扉開けっ放しにして入ってこられるんですね。
そうするとラッコがちゃんと扉を閉じるんです。
おおすごい~って感じでスタートします。

その後はしばらく立って飼育員さんと戯れ、一旦泳いでご飯をもらい
次はたくさんのお手タイム。
らっこ
左右交互に結構ハイスピードでお手。
その間飼育員さんが爪のチェックしたりもします。

こちらを向いてのお手。
らっこ2
可愛い~。

そして見せ場はジャンプタイム!
ご飯の貝が水槽のこちら側の高いところに投げられると、ジャンプして捕ります!
らっこ3
何度もジャンプしてくれましたよ。

最後は水槽の下に残った貝も片付けてました(飼育員さんが長いタモで貝殻回収しますが)。

お腹でご飯食べるだけではなくいろんなことが出来る賢いラッコ。
らっこ4

もうちょっと落ち着いてご飯食べたいかも知れないけど、
まあ自然界でももっと落ち着かないかもしれないかな。

楽しいラッコのご飯タイムでした。

ちなみに、nicoさんの質問いただいたすなどりねこのサイズですが
抱っこは出来るでしょうけど、よりかなり大きいです。
キバも鋭そう→おとーさんのブログ
ぼのぼのって言う漫画があるんですね。
今回オープン記念スタンプラリーがあって、そのプレゼントがぼのぼのの帽子(?)でした。

今鳥羽水族館のHPを見るとすなどりねこの漁るところが公開されてました!
こちら→

検索していると天王寺動物園のすなどりねこをたくさん記事にされている方が
いらっしゃいました。そういえば今も元気なのかな~?

ちょこお留守番~鳥羽水族館の仲間たち~

鳥羽水族館の続きです。

うなぎ?あなごだったかな?
なんでそんなに密着するの?
鳥羽8

イロワケイルカ。
こんな風にペアで泳いでました~。
鳥羽9

セイウチ?
鳥羽10

ラッコのご飯タイム。
ご飯をあげるだけかと思ったら、たくさん演技をしてくれました!!
鳥羽5
とーっても可愛い!!

そして、スナメリ。
こちらは予想外の愛想よさ!
鳥羽
水槽の中を見ていたら、スナメリさんの方から挨拶してくれます。
何度も!
さらに手を上げてスマイルです。
鳥羽2
これには感謝感激でした。
スナメリさんも遊んでくれているつもりなのかな?
ありがとう♪

春休みで大勢の方でにぎわっていた鳥羽水族館。
他にもアシカショーやミミズクとのふれあいタイム、ペンギンパレード
ダイオウグソクムシなど大勢の生き物たちがいましたよ。
楽しませていただきました。

すなどりねこさんの展示室がもう少し大きくなることを願って。

ちょこお留守番~すなどりねこに会いに~

気がつくともう4月2日。
すっかり暖かくなって、春爛漫。

でも先週の火曜日・水曜日は寒かった・・・。
そんな中鳥羽水族館に出かけてきました。
目的は3月21日にリニューアルオープン、そこにやってきた2匹の猫達。

朝一番に「奇跡の森」到着!

あり・・?こんなねこ・・なのか?
鳥羽6
どうやらオープン時間に間に合わなかったのか、人間がいてびっくり。
ねこたちは飼育員を警戒して、上部の梁の上に避難中。

ガラス張りの部屋の中に2匹の「すなどりねこ」。
魚を漁る(すなどる)からすなどりねこというらしい。
手には水かきもついてるらしい!
「NEVER まとめ」さんより

ガラスが反射して写真が撮りにくいけど、なんとか上手く撮れたかな?
鳥羽7
雄と雌の2匹で、ヨーロッパの動物園からやってきたらしい。
まだまだ新しい環境に慣れてなくて警戒中のようだけど、猫同士は仲良くグルーミング。
お互い助け合っている感じ。
鳥羽4
凛々しい1枚。
鳥羽3
撫でてみたいけど、絶対無理そうだな。
人には懐かないってどこかに書いていたし。


外は寒かったのに、このゾーンは暖かい地方の生き物たちがいるので
とっても暖房が効いていて、かついいお天気のためガラス張りの屋根から太陽が燦燦。
暑かった・・・
すなどりねこたちも、口を開けて呼吸してました。大丈夫なのかな?

それに上下運動は出来るけど、部屋の奥行きがあまりなくて狭そうなのと、
この日は魚を獲ってはくれなかたのが残念。
実演はあるんだろうか?

ということで、他の可愛い生き物たちの紹介を次回にアップしたいと思います~。

ちょこお留守番~ねこと見つける・・~

このところ日差しが出る時間が少なく、気温はあまり高くない。
でも湿度が高いせいか普段よりだるい気がしませんか?

さて先日、大阪市立自然史博物館で開催されている
「ネコと見つける都市の自然」を見に行って来ました。

入り口の様子。
結構可愛い猫キャラさんです。
ネコと見つける
左のパネルの穴に顔を出すと、ネコに狙われるみたいですね。

まあ全ての展示にネコが登場するわけではなかったですが、、、
内容は面白かったです。
ネコとの共存については、出口付近にちょっと展示されていました^^;
そこではネコと他の生き物との写真やネコの尾の生態調査の応募していたのですが、
連絡先のアドレス、控えるの忘れてしまいました。
また確認しようっと。

都市では猫は生きにくいでしょうね。
排泄をするにも地面はコンクリートで固められているところが殆ど。
でもご飯をくれたり、お世話をしてくれる人も大勢いるところもある。

猫たちと人間の共存がもっともっと進みますように。

このカテゴリーに該当する記事はありません。