ちょころぐ+(プラス)

1号猫ちょこぼーるの憂鬱。後輩がどんどん増え計10匹の猫世帯。

くわちゃん

保護(?)してそろそろ2ヶ月になるクワガタの「くわちゃん」

人の気配がすると隠れるので、ほとんど生態は不明。
私も相手にしてもらえないので、結構その存在を忘れていることも多い。
昆虫ってあんまり飼ったことないし、懐くって話も聞かない気がしますが
実際懐かないですよね?

ケージ??(海苔の入れ物ですが・・)から出したりもほとんどしません。
だって攻撃的だし~。

クワガタの角の力は凄い!
くわちゃん2
鉛筆も持ち上げます!

たださんは更に攻撃的なので、、
くわちゃん3

この後速攻戻しました。

来て間もない頃、くわちゃんを見つめる「くろいの」
くわちゃん

最近はたちもあんまり興味ないみたいです><。

ひっそりと我が家で暮すクワガタのくわちゃんでした。

スポンサーサイト

「生後56日」が決まる?

今日、ちゃーみーとぐらみーを病院へ連れて行きました。

ぐらみーのお腹は完全に良くなったようだけど、ちゃーみーはイマイチ。
顕微鏡では今回は目立った菌はいないのだけど、いままでの薬も完全には
効かなかったから、今回は駆虫薬を投与。
これで完治するといいな~。
ついでに2匹とも2回目のワクチン接種完了。
これでしばらく病院には来なくていいかな?

ところで今日診察室に入るなり、先生が「興味あるでしょ」と渡してくれたのがこれ↓

新聞

ご存知の方も多いと思いますが、内容はこちらから→

話の流れで最後のインターネット販売の規制に赤丸されてしまいました(笑)

ただ、ここの先生は45日くらいでいいのでは?派。
理由は小さい子ほど売れるのが早くて、売れ残るとかわいそうだから。

今も先生が担当している、そして私が猫たちの餌を買うペットショップには
大きなレトリバーやスコティッシュホールドが¥50,000の夏休みセールになっている・・。

だったら、売れ残るほど供給しなきゃいいじゃないですか~。

56日後に店頭に並んでからだと時間が経ちすぎるということなら、ブリーダーさんの
ところで生活している様子を、動画で中継してお店で流せばいいじゃないですか~と
言ったら、いい案ですね~、お店に言っておきますと言われた・・。
でも売れ残らないようにするなら、やっぱり店頭販売はやめて、ブリーダーさんに
予約して、、というのが一番ですよね。
ドイツ(でしたっけ?)では1生涯に出産する回数も決められているそうですから
それも見習って欲しいものです。

が、今の日本では当面無理なんでしょうね。

ちゃんとしたブリーダーさんが残ってくれて、そこに皆が見に行って購入すれば
いいんだけど、というと、普通の(まともな)ところから潰れるんでしょうねとも
言われてました。ううう、そうなって欲しくない。


今日は獣医さんもペットショップもこの話題で持ちきりだったそうです。


ところでこの記事、56日で決定とあるものの、3年間は経過措置で45日、その後は
49日、56日への期日は明示されていないとあります。
施行後5年以内に検討??
3年間の激変緩和策は長すぎるでしょう。それに激変って、、、。

たしかに56日間面度見られないブリーダーは、潰れていくんだろうな。
そうなったときにそこにいる動物達がどうなるのか・・。

色々問題点も検討することも多いのでしょうけど、それでも1歩前進ですよね?

いきもの、いろいろ

台風一過、今日は晴れ間も広がりました。
大阪市内は雨も幸い大したこと無かったです。

一過といえば、、我が家のめだか一家にも大きな変化がありました。

昨年貰ってきためだかのカップル。1月の記事、めだかの学校にも書いたのですが、
この二匹になんと子供たちが誕生したのです。
めだかは産んだ卵を食べてしまうらしく(^^;)子供の誕生は無理だな~と思っていたのですが、
たまたまタニシのような貝が発生し(買った水草についてきたのか?)それがあまりに大量なので
別の海苔の瓶に入れていたのですが、その時一緒に移した水草にどうやら卵がくっ付いていたらしく
1ヶ月ちょっと前に小さな小さな子めだかが約10匹!!
その後すくすく成長しておりました。

ところが、親めだか達の水槽の水だけが少しずつ濁りはじめてしまい、、そのせいかどうかは
わかりませんが、ついにお母さんめだかが亡くなってしまいました。丁度暑くなり始めた
先月末の出来事です。
お母さんめだかは、亡くなる直前にも卵をお腹にくっつけていて、亡くなる直前に生みつけた様子・・。
でも水が濁ってしまったので、濾過器付きの水槽に入れ替えました。
子めだかとおとーさんめだかを一緒にし、新しい水槽に入れたのですが、
なんと!おとーさんめだかは水槽の蓋の隙間からジャンプしてしまうのです。

一体何故?

それでも早めに気づいて3回は元に戻して助かっていたのですが、次の4回目のジャンプには
気づかず、ついに亡くなってしまいました。
いったいどうしたと言うんでしょうね~?おかあさんといた水槽に帰りたかったのかな・・?
丁度この日は子スズメがきて、我が家もばたばたしていたので、蓋の隙間のカバーがずれて
いたのも気づいてなかったのです。
ごめんね、おとーさんめだか。

さて、おかあさんの生んだ最後の卵ですが、移動した水草にくっ付いていたようで
2匹の超小さなめだか(約5mm)が誕生しているのを最近発見しました^^。
みんな元気に成長しますように!

↓新しい水槽です。二匹の最初の子が写ってますが、、見えますか?
めだか

長くなってなんですが、子スズメも元気です。
だいぶ飛べるようになってきましたが、、、まだ我が家にいます。

ななは、獲物とは思ってないようでフレンドリーです。

な「こんにちは、です」
仲良し?

な「すりすりしてみたりして・・です」
仲良し?3

な「がーっ、なんて♪」
す「ちょっと怖いです・・」
仲良し?2

単なるあくびでした。つめ磨きの箱の猫もびっくりした表情です(笑)


福島第1原発 警戒区域、22日午前0時から

政府は21日、東京電力福島第1原発から半径20キロ圏内の地域について、
22日午前0時から立ち入り禁止や退去を命令できる「警戒区域」に指定すると発表。

・・今までは避難勧告地域だったので、ボランティアの方々も動物の保護を
行なってましたし、飼い主さんも定期的に餌やりに帰宅したりしていたようですが、
今回の立ち入り禁止の警戒区域となると地域内に入るのはかなり難しくなりそうです。
取り残されているペットや家畜はまだまだ数知れず。
今日のNHKのこのニュースの最後でも、外を歩く首輪をした犬達の画像が
流れていました。

何故自分たちがある日突然飼い主と別れ、ご飯も無い毎日を送ることになったのか
動物達にはサッパリ分からない状態しょう。なおさら可哀相です。
今回の件で不幸な目に遭う動物たちが1匹でも増えないようにと願います。

政府の仕事は国民の財産を守ること、ペットや家畜かけがえの無い命であり、且つ
国民の財産ですから、どうか動物達を守る方策を考えて欲しいものです。

<4・22追記> 環境省が動きつつあるようです!→MSNニュース
どうか早期に実施されますように。

以下、犬猫救済の輪』動物愛護活動ドキュメンタリーさんの記事の転載です。

----------------------------------------------------------------------------

力の結集を!決定は、原子力保安院です!!
この件、最後のお願いになるかもしれません!


転載歓迎 拡散希望!!
大至急、ご協力をお願いします。
22日正午0時より20キロ圏内が警戒区域となるとの情報です。
圏内に取り残されている動物を救うためには、最高決定機関である原子力保安院に
お願いする以外に方法は残されていないと考えます。
全ての力を結集して、原子力保安院に嘆願して下さい。


ご参考のため文章のサンプルを作りました。
ご自由に全体、部分をお使い下さい。
ひとり、ひとりが保安院にお願いすることで、あの子たちの命をお救いください。
御急ぎ下さい。
(特にお願い1)の内容は大切です)

原子力安全・保安院へのメールはこちらから
https://wwws.meti.go.jp/nisa/index.html



(当会作成文例)

20キロ圏内に取り残された動物救助のためのお願い

1)20キロ圏内での愛護団体、ボランテイアの活動の継続
徘徊犬猫その他愛玩動物の保護捕獲は私達の様な動物ボランティアでなければ成し遂げられません。
経験と技術が無ければ救助は困難です。私達は自己責任で活動しており、この区域で活動したことに
よって将来、健康上の問題が発生してもいかなる苦情、要求を行うことはありません。
圏内への出入り時に警察の荷物チェックを受ける等いかなる条件にも従います。動物ボランティアが
活動時間や装備等必要な条件を満たした上で、引き続き20キロ圏内で活動を続けられますよう
お取り計らい下さい。
2)飼い主自身によるペット救出
ペットを飼い主自身が連れ戻すことができるよう車両の準備をお願いします。遠方避難等で
飼い主自身が赴けない場合、愛護団体等が代行できるようお願いいたします。


--------------------------------------------------------------------------------


「動物基金」杉本様 よりアドバイスです!
今日でも明日でも、保健所に持ち込んでください。
相双保健所
南相馬市原町区錦町1丁目30 電話番号 0244-26-1351
                  FAX 番号 0244-26-1332
(現在相双保健所は施設がありませんが、それは行政間で行うことです。)

保護した犬については自分で保護する環境がない場合には行政は狂犬病予防法に基づいて
保護しなければなりません。保健所に渡す際に「狂犬病予防法に基づいて保護して下さい。
遺失物扱いで所有権は放棄しません。」と必ず伝えて下さい。殺処分されることはありません。

猫については、「迷子猫です。保護してください。遺失物扱いで所有権は放棄しません。」
と必ず伝えて下さい。殺処分されることはありません。」その後については、相談にのります。
この件についてわからないこと、緊急連絡先 杉本 090-3908-8823


--------------------------------------------------------------------------------

ペット法塾が現地入りします。
保護場所提供らしい

現場に向える保護団体などに、お知らせと拡散お願いします。
THEペット法塾
http://www.the-petlaw.com

☆大至急2!!☆

先ほどお知らせしました件について、
現地で一時保護場所にお困りのボランティアさんや
団体さんがいましたら、私までご連絡ください。
私も今日から現地入りしてきます。

THEペット法塾
西風直美 090-9889-7063 

--------------------------------------------------------------------------------

せっかく地震や津波でも生き延びた命、どうか助かって欲しいです。


【被災地より緊急避難】3月19日~21日まで 神戸市北区にて緊急譲渡会

ブログ「猫のひたい」さんからの転載です。
もう始まってしまってますが、、、1匹でも多くの子におうちがみつかりますように!!

・・・・・以下転載です・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【被災地より緊急避難】
3月19日~21日まで 神戸市北区にて緊急譲渡会

転載は「眠り猫」より



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓転載↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



以下、よしさんからの転載です。
転載元はちび助ママさん です。
関連記事→わんままさん



緊急避難

埼玉は日に日にガソリンも食料も手に入らなくなりました
シェルターの子供たちの世話をしにきてくださっていたお散歩隊の皆さんも 通えなくなり
このままでは このこ達が悲惨な状態になるのは目に見えています、
ココ数日、悩みに悩み 犬達を避難させることにしました、
レンタカーはどこもガソリンがないからと貸してはくれず 会社の取引先の機械リース業者
からユニックを借りて、ケージを積み込み毛布やビニール囲い
大型犬と中型犬を積み込みました、
近くのスタッフさんたちが手伝ってくれ、必死でケージを組み立て ビニールを巻きました、
まだまだ寒いこの時期に 15時間以上はかかると予想される長旅、犬達を助けるためとはいえ
可哀相でなりません、
何とかトラックに大型犬、ハイエース、軽ワゴン車に小型犬 、乗用車 に 猫係長のお母さんと
子供たち、ブルドック、癌のワンちゃんを乗せて約50匹の犬と共に 東名高速に向かいました、
はっきりとした行き先も決まっては居ませんでしたが 犬たちを一時 安全なところに置き、残り
の犬猫を取りに戻る つもりです、四台に詰め込んだ犬達は 私達の必死な様子がわかり
吐いたり ウンチまみれになるこも少なかったです、
トラックは燃料が半分しかなく
途中のサービスエリアで何回も長蛇の列に並び 10リッターしかいれてもらえずに また次に走る
繰り返しでした。そして関西方面の 里親さん、サポーターさん、愛護団体に協力を お願いして
貸倉庫、空き家 空き地など、犬を暫く置ける場所を探して頂けないか お願いをしました。
犬達緊急避難へ犬達の世話をしながら 里親さんも探す事もしていかなくては
五十匹の子をずっとは見ていかれません、

残りの犬8匹と猫たちは 近いところにいるボランティアさんと従業員に頼みました

早く避難先を見つけ
なるべく早く取りに行きたいと思っています

ここ何日間 あまり寝ていなかったのと 心労で 肩はパンパン 吐き気もします

体もへとへとでしたが とにかく運転しないと 11匹の犬が乗れません

50匹あまりの犬達を乗せて走り出しても これが良いのか 悪いのかは 答えが出ませんでした


途中富士川辺りで山梨県と静岡に 震度5の地震がきて 東名が閉鎖になり しばらく仮眠をしようと
休みましたが、
乗せている犬達の事
残りの犬猫たちの事はを考え
結局一睡も出来ませんでした

受け入れ先が
昨日朝 関西の団体様が 大型犬を引き受けて下さるとの連絡があり ゴールデン達と
小型犬何匹か あずかりが見つかりそうですと言って頂きました

そちらの住所に向かい走って居ましたが

途中 宝塚のレオンの里親さんから 知り合いの ドックランのママさんが 全頭をスタッフと共に
しばらく置いて下さるとのお話しを頂きました


急遽 宝塚に向かい走りましたが
みんな寝不足と 疲労困憊 居眠り運転もあり 危険と隣り合わせの 避難の旅でした

トラックの犬達を途中 降ろす事も出来ず
ガソリンを探しながら 必死!
静岡辺りから雪がちらつき 関西が埼玉県より寒いことを初めて知りました

トラックの犬達を早く出してあげたいと
走り続け ようやく昨日の4時過ぎに 宝塚三田に到着

それから戦争のような忙しさ!

もうすぐ6時です少し寝ます


  

 


緊急ご支援のお願い
フードボウル、
ペットシーツ大、
フード こつぶ
歯のない子に缶詰め、
小型犬洋服、
サークル、ケージ、
人間も着の身着のままで きました、が犬たちの物だけでも

ご支援戴けましたら幸いです、
兵庫県神戸市北区長尾町上津3897-1
ひょうごアニマルサークル
まで、
こちらは
お一人でやっていらっしゃるドックランです、
緊急里親会を今度の週末に開いて下さる事になりました、もらい手がつけば、埼玉に帰ります、


~~~~~(以上転載)~~~~~~~~~~~~~~

たくさんの方が、動物達のために奔走されてますね。
その方々の行動力や信念に敬服します。

どうかたくさんのワンコたちの安らぎの場所がみつかりますように。

このカテゴリーに該当する記事はありません。