FC2ブログ

ちょころぐ+(プラス)

1号猫ちょこぼーるの憂鬱。後輩がどんどん増え計24匹の猫世帯。

その後のおちびちび

おちびは1ヶ月ですが、おちびちびは早や1か月半近く経ちました。
が、人の足音を聞くと、ソファの下に隠れるので、あまり姿をみたことがありません。

保護時はかなり固まっていました。まあ当然ですよね。
おちびちび2

最初はあまり食べず、トイレもしていなかったようで心配でしたが、今はそれは大丈夫そう。
完食です。(おちび(いち)が食べてることもあり??)

こちらも同士は大丈夫そうで、唸り合いも聞いたことがありません。
河川敷の仲良し兄弟の「ちゃと」との感動の再会を期待していましたが、そこは?
でもちゃともよくおちびちび~ずルームに入って行っていました。
おちびちびも人がいなければ探検には出て来るようで、部屋に入ると逃げていく尻尾を目撃することは
多々ありました。

そして今日
保護部屋に居ないので探していると、、、、
こんなところに
新チーム
がっちゃんの頭の上、爪とぎの隙間にきじのお尻が見える。
(左から「ちゃと」「がっちゃん」「えきまえ」「ぐれ」)

前に回ると
新チーム2
隠れていました。

河川敷男子グループでミーティングでもしてたのかな?
こんなに近くでも多分普通にしてたんだろうなと思うと、ホッとします。

お顔があまり見えないので、2年前、河川敷が工事に入る直前の写真です。
笑顔?
おちびちび3
「ちゃと」の半年上のお兄ちゃん、「いもうと」の2012秋の子です。
A子やB君のほんの少し後で生まれました。
8歳過ぎまでよく河川敷で頑張ってくれました。


ことらも早く姿を見せて欲しいな~。

スポンサーサイト



その後のおちび(いち)

河川敷でおちび(いち)を保護して、はや1ヶ月。
全く懐いてくれないので、1か月経ったとは思えません。。
↓保護翌日の写真
いっちゃん3
もっとやつれているかと思っていたのに、意外にまんまるでした。。

最近は保護部屋のソファの上でのんびりしてる姿は見かけます。
近付くと下に逃げますが(苦笑)

人は駄目ですが、同士は早くにOKでした。
保護後1週間くらいの頃、掃除に入ったところ他のたちも入って来て、
ふと振り向くと「とと」がケージに一緒に入っています。
おちび(いち)に張り倒されるのではと思っていたら、なんと!

おちび(いち)は横でカリカリ食べてる!?!
いっちゃん2
双方何も気にしてなさそうです。
いっちゃん


どちらも大家族育ちだもんね(ととは想定です)

人間にも慣れてくれるといいんだけど。
あの「しゃー、バン!」のぱとらも最近は言わなくなりましたので、やがて・・(って2年過ぎてますが)
あ、あとちゃと(こっちゃん)が時々絡みに行っています。困った性格です。

それと保護時は両眼開いていますが、その後何かで怪我したのか、ずっと左目が閉じられていて
ようやくこの2日くらいで開いて来たのですが、潰瘍ができている??
近付くとしゃーだけでなく「カッ」と怒られるので近づけず、病院に連れて行けてません。
でも抗生物質は2週間程飲みました。
無事直るといいのだけど。。。
ご飯は物凄く食べ、好き嫌いも一切言いません。
それはなんか切ないのですが、
同室のおちびちび分も食べていそうな気配なので、太りすぎ無いかが心配なこの頃です。

お母さんはたいちゃん、2014年秋の子で唯一生き残った子です。
「くろっこ」や「ぱとら」の半年上のお姉さん(おちびなのでそうは見えないけど)

別れの季節

春は別れの季節といいますね。

今年も春3月にお別れとなりました。
ちゃっしーが3月22日の夜半、旅立ちました。
そして昨日荼毘に付しました。

ご飯をたべなくなって丁度2週間。
見た目からもう少し頑張れるのかなと思っていましたが、無理でした。

河川敷のボスで、皆から愛されていたちゃっしー。

寂しくなるけど、ちゃっしーはお空でゆっくりしているかな?
きっともうたいちゃんたちと一緒だよね。

3月 ちゃっしー3
庭に咲いたムスカリやスノーフレーク、ビオラと共に。



メモ

おちびちびと「いち」は同室。

昨夜ぐらいから、片方が鳴き出すと、もう一匹も合わせて鳴きます。
どちらかの鳴き声はとても可愛い子のようです。
「いち」かなあ?

ちゃととるあに二晩続けて入ってもらっていますが、何事も起こりません。
でも仲良くなりそうな気配も???

ちゃっしーは一段としんどそうな顔つきに変わって来ました。
少しでもご飯を食べてくれたらいいのだけど、身軽にお空に昇るための準備なのでしょう。
無理してたくさんお腹に入れる事、それはA子の時に反省しました。
経鼻チューブでご飯をあげましたが、結局殆ど消化できず、火葬でお骨になるのに
時間がかかりました。。。
きっと最後生きているときも苦しかったでしょう。。

ちゃっしーはご飯をもたずに近づくと、撫でさせてくれます。

ちゃっしーの病気

おちびに会わせたかった「ちゃっしー」

その「ちゃっしー」が体調不良で、、、おちび保護翌日(昨日3月16日)
FIPと診断されました。
子猫がかかるものかと思ていたのですが、老猫もかかるのですね。

ちゃっしーと出会ってちょうど10年たちました。
12歳は超えていると思います。

全く食欲が無く、既に10日は自ら食べていません。
検査に行った日に病院でAD缶を1/4缶食べ対外ほぼ何も・・・。

強制給餌も絶対嫌らしく、あげようとすると怒って逃げて行きます。
そうして体力を消耗するので、無理強いも出来ず、もちろん通院も。

このままちゃっしーの気持ちを尊重するしかないと覚悟を決めました。


該当の記事は見つかりませんでした。