ちょころぐ+(プラス)

1号猫ちょこぼーるの憂鬱。後輩がどんどん増え計10匹の猫世帯。

HAPPYBIRTHDAY たいちゃんず

昨年の3月、たいちゃんの保護から3週間、

ぱんぱんのたいちゃんのお腹から、4匹の子猫が誕生しました。

4月10日の夜の事でした。


お誕生日おめでとう、ぐるくん、めばる、さより、ひらめ。
IMG_1647.jpg
・・ぐるくんが手しか写ってない・・

無事大きくなって里親様のお宅ですくすく成長。
それも2匹ずつ一緒に。
小夜ちゃん、ぼのくん
161108_235934 soyobono
ぐんちゃん、めばるさん
gurumeba.jpg

(里親様のTwitterからお借りしました)

幸せです。

スポンサーサイト

突然のさよなら

桜も満開の時節というのに、雨続きで残念ですね。

そんな春先に我が家の1匹「おれんじ」が突然亡くなってしまいました。
先週の日曜日の朝の出来事です。

前の晩は元気にお魚を一杯食べ、カリカリも食べ、普通にしていたのに
朝起きて、朝食に出て来ないなと思っていたら、声を上げてベッドから転げ、
そのときにはもう呼吸も浅く、体温も下がってしまっていました。

その後はどんどんぐったりしていくだけ。
病院に連れて行って、その帰りに亡くなりました。

いったい何故?

お腹も弱く、エイズキャリアで、健康とは言えなかったかもしれませんが、
そこそこ元気だったのに。。。
じっこ2

昨日が初七日。
まだ記録しておきたいことはあるのですが、また今度。

4歳を目前にしての訃報でした。


たいちゃん、1年

河川敷のたいちゃんが我が家にやって来て1年が過ぎました。

たいちゃんが捕獲機で捕まったのが、去年の3月19日。
あっという間の1年のような気がします。
そして、仔のいないたいちゃんが我が家にいる、それが昔からのよう。

たちが出て行ってからも、ずっと大人しく過ごしているたいちゃん。
最近はリビングにいることも多く、そんなに孤立しているわけでもなさそう。
たいちゃん、1年2
しばらく前、部屋の本棚の上にしばらくいたりして、心配しましたが
たいちゃん、1年
これは「くろいの」と一緒に、何かしら避難しているところ・。

だからと言って団子というわけにもいかないようで・・・。
でも今日は「おれんじ」と一緒に寝ているところを発見!
ほっ。

とセットで里親さんが見つかるのが理想でしたが、
いまいち必死に探してあげられず今日に至っています。

相変わらず美人なたいちゃん、

まあゆっくり行こうか。
たいちゃん、1年3


マスターしました

なんだかんだ言って、我が家にやって来て4か月が過ぎた「るぅ」
最近マスターしました。

「持ってきたよ」
るうもってくる2

そう、持って来いというよりは「もってきたよ!!」という感じですね。
3月初めに遊びたそうなところで投げてあげたら、ちゃんと持ってこれるようになりました。

るうもってくる

遊び好きの子の特徴かな。

疲れ知らずなので、こちらがめげます・・・。

霧島神宮にて~にゃんコレ in 九州③~

翌日は、朝から予報通り曇り。

朝は霧島神宮に参詣。
早速とーっても愛想のいい、というかおねだりさんに遭遇。
kagoshima18.jpg
可愛い男子です。

この子の背中は
kagoshima17.jpg
天使の羽が!
神様の近くで暮らすにはもってこい。

「きりっ」
kagoshima23.jpg


やがて間もなく雨が降り出してしまい、この日の撮影はピンチに。
さんに会うのは難しいからと訪れた「霧島アートの森」は臨時休園><
kagoshima24.jpg
仕方なく駐車場のトイレの手洗いなど撮影・・。素敵です。
kagoshima25.jpg

しかし、夕方雨も上がり
たまたま立ち寄った駅は、とてもきれいな湧水のあるところで、さらにそこで見つけた観光パンフレット地図には
なんと「の祠」との記載が。

案内を読んでみると、島津義弘公が朝鮮出兵の際連れて行った7匹のが祀られているとか。
せっかくなのでそこに行こうとなりましたが、なんともわかりにくい地図、そして祠の場所・・・。
近所の方にお聞きして何とかたどり着きましたが、、
ひっそり・・
kagoshima19jpg.jpg

ねこ?
kagoshima20.jpg
生き残った2匹の猫は鹿児島の仙巌園の「猫神神社」に祀られているそう。
こちらは有名ですが、あまり有名ではない祠にたどり着いたことが、
なんだか運命を感じました。
その日は奇しくも2月22日でございました。
ちなみに猫の祠を紹介されている動画を発見しました~。
一番上の「大重さん「猫の祠」 大久保さん「湧水町の魅力」を語る」です。

このあと、ニャン太郎君に会おうと再度嘉例川駅へ。
ぎりぎり車に飛び乗った所で再会。
kagoshima21.jpg

嘉例川駅は夕刻の雨に濡れてしっとりとした姿を見せてくれました。
kagoshima22.jpg

その後フライトまでの2時間、大雨のなか車の中で寝て時間をつぶし、鹿児島の旅は
終わって行ったのでした。

該当の記事は見つかりませんでした。