ちょころぐ+(プラス)

1号猫ちょこぼーるの憂鬱。後輩がどんどん増え計10匹の猫世帯。

ウミガメと猫~ニャンコレ in 九州~

奄美大島、2日目。
朝は前回投稿した繁華街での撮影、その後ウミガメが現れる港があるとの情報を現地のフリーペーパーで発見。
大和村にレンタカーで現地を目指します。

道中同じフリーペーパーに掲載されていたアンダーギーのお店に寄ったのですが、
運悪く大量の予約があったらしく、丁度品切れ。
でも少しだけならと販売していただきました。
かなり小ぶりなアンダーギー。(同じものが空港にもあったので購入したもの)
アンダギー

大和村の港に着いてしばらく海面を眺めるも、ウミガメの気配は無し。

居合わせた船長さんにお聞きした所、漁からの帰りに魚をあげると付いて来るそう。
(漁はその日お休み)
役場の方?にお聞きすると、結構この辺にいるんですけどね~とのことなのですが、、

仕方が無いので、やはりを探して散策することに。

民家の前で。外さん?
奄美2
バックにパパイアの木。

こちらはお店の前に大勢。
ウミガメ

お外の子ですか?とお聞きしたら、飼いですと、、失礼しました。
お店の前に捨てていく人が多いそうです。。。
ウミガメ6

ウミガメの話をすると、いつも来ますよ~という事だったので、気を取り直して港に。
しばらくすると、水面下を影が泳いでいる姿を発見。
結構大きいな^^。
顔を出してくれました!
ウミガメ3
ウミガメだけ撮ったので、プールか海か分らんとのおとーさんからの批判ありですが。

ちなみにウミガメの港には、白さんもいます。多分捨て・・・。
流離い感が漂っていますが~、でもここの方に親切にしてもらってるみたい。
ウミガメ2
良かったね。
お腹出してごろごろしてくれました。

午後はかくれ浜を探して北上。
でもちょっと時期が違ったようでした。

近くで出会った猫さん。
この子はとてもフレンドリーでした。他にも3匹ぐらい一緒でした。
ウミガメ4 (2)

途中塩作り塩作りの見学などもしながら、その日の宿泊先「奄美海族塾」さんに向かったのでした。

~続く~

スポンサーサイト

奄美大島2~ニャンコレ in 九州~

奄美大島の繁華街?を、猫を探して歩きました。

早速出会えた、長毛茶白の猫さん、超フレンドリー。
お店の前にいたので、看板猫?
屋仁川5

その近辺でも結構たくさんの猫たち。
やはり繁華街は猫が多いですね。。。

やがてお店の前で佇む猫発見
屋仁川3

近付くと逃げられましたが、その先にはたくさんの猫たち。
屋仁川4
まだ若い子たちが多く、お店を覗いていた子はそのお母さんでしょうか?

暗くてなかなか上手く撮れませんが、、かわいい
屋仁川

振り返ると別のお店が出していた、プラスチックのケースを舐めているお母さん
お魚のいい匂いがするんだろうな~。切ない。
屋仁川2

翌朝もこの付近を散策。
塀の上で見つけた綺麗な白猫
屋仁川6

フレンドリーなきじ猫は、駐車場にいた猫さんかな?
屋仁川7

ちゃとらもいました。
屋仁川8

結構警戒気味の子が多い印象なのが残念。
その方が安全ですが。
それと、驚いたことが一つ。
道路で猫を撮影していると、避けているつもりでも車の邪魔にはなっているはず。
それなのに、こちらのドライバーさんはかなり前から徐行し、ゆっくり通ってくれます。
こちらが道路を渡りそうな気配を感じると、すぐ停車し待ってくれるし、とても親切。
大阪のような「いらち」の人が、かなり少なそうでした。
素晴らしい。

廃墟にて

先日鹿児島では大きな地震がありましたが、

鹿児島で出逢った、廃墟で暮らす、でもとてもきれいなさんたち。
この子たちが住むところは、それほど大きな揺れでは無かったですが、、
廃墟2

10匹以上はいたように思います。
まだ春先だったので、冬毛だったかも
廃墟

お母さんと一緒の子
廃墟4

多分この建物はまだ残っていることと思いますが、
廃墟3

人も九州地方は災害で大変です。その上この暑さ。。
災害の復旧や、避難所での生活などで体調を崩されませんように。

私たちも日頃から災害に備えておかねばならないのですが、、、なかなか。
でも、暑いとか言っている場合ではないですね。

該当の記事は見つかりませんでした。