FC2ブログ

ちょころぐ+(プラス)

1号猫ちょこぼーるの憂鬱。後輩がどんどん増え計24匹の猫世帯。

1月22日

明日から雨続きの予報。
季節外れの停滞前線らしく、今日も気温はそれほど低くはないかもしれませんが
太陽が隠れると、やはりより寒さを感じます。

普通に戻った感じの我が家です。
でもちょっと面白い組み合わせのメンバー。
1月22日
窓枠左からみぃみぃ、がっちゃん、くろいの
ソファに同じく、ちゃと、お花の中にるあ、その横奥から順に いもうと、りんご、えきまえ

普段からくっついているとは思えないメンバーですが、今朝は日差しがあったので
日光浴でたまたま隣り合った感じかな?

これはその前だけど、まあまあ大勢
1月22日3
同じ柄はやはりくっつきやすい?
1月22日4
とと、いろんなねこ先輩に構ってもらえてます。よかったね。

そして、ぱとら。
人間から逃げる時以外は自分の部屋から出ないのかと思っていたら
日光浴はちゃんとできているみたい。
1月22日2
猫同士は大丈夫なんだね。

B君、土曜日の朝火葬しました。
こちらと葬儀屋さんの都合がなかなか合わず、3日後になりました。
1月22日5
うちの庭に咲いていたビオラも一緒に。。

また会う日まで

さよなら、B君

スポンサーサイト



早すぎるお別れ~B君~

昨夜というか今日の早朝3時50分頃、B君が亡くなりました。

前回体調が悪いと書いてから、どんどん悪くなり、、、殆どご飯も食べずでした。
一昨日あたりからは歩くのも精一杯で、ふらふら・・。
それでも昨日の朝も、カルカンウェットとちゅ~るを少し舐め、自分でお水も飲んでいて、
強制給餌も結構食べてくれたのに。
夕方からどんどん辛そうになり、点滴をしたのですが、
それも効果が無いどころか逆効果だったんだろうか。。

シリンジで少しだけ飲み込んだ流動食を吐き、小屋にこもってしまいました。
その後ふらふらトイレに入ったのですが、結局出なかったようで、、
でも小屋に入る前に足にすりすりしてくれました。

トイレの中で険しい表情のB君
Bくん2

しばらくしてからB君を抱っこしていたのですが、動かしたからかオシッコが漏れてしまい、、
片付けている間にまたしても小屋の中に。
その後はどんどん呼吸も苦しそうになっていきました。
夜2時ごろ小屋から出て来たB君は、何か怖かったのは尻尾を膨らませ、クルクル回り転倒。
苦しそうにひっくり返ったりした後は、横になり苦しい呼吸が続きました。
2時間ほどの間に少しずつ呼吸が浅くなっていき、やがて3時50分ごろ呼吸が止まりました。

お外暮らしでしたが、大きく育ったB君。
それにまだ7歳になったばかりで心臓は健康だったんだと思います。
最後2時間苦しそうで、本当にかわいそうでした。

我が家に来て1年ちょっと。
もっと年上のもいる中で、健康そうだったB君がこんなに早く行ってしまうなんて
茫然とします。

思い起こせば、あんなに食いしん坊だったBくんが、11月ころからは、食後のちゅーる会に
不参加となったころから体は悪くなっていたんでしょう。
12月の前半にも一時期あまり食べない時があり、でも回復したので気にしていませんでした。
12月末に食べなくなった時も、鼻が詰まっていたので風邪かと思っていて・・。

先週吐いた時、最後の方に血が混じっていて、病院で血液検査もしました。
赤血球が少なく、白血球がかなり多く何か炎症を起こしているかというくらいで
金曜日再度血が混じっていたので、おとーさんに病院に連れて行ってもらったのですが、
胃がんの可能性もあり、次回検査となりましたが、間に合いませんでした。
B君の為に調達した点滴や缶詰もほぼ食べないままです。

1週間前のB君、少し目が釣りあがって来て険しい表情になりかけ・・
Bくん
でもまだまだ穏やかそう。

がっちりした体格のB君、亡くなった今日でもお腹の辺りはまだポンポンしていて、
2週間ほど殆ど食べていないにしては大きなままでした。
一体何がB君の体の中で起こっていたんでしょうね。
この数日は私も仕事が忙しく、あまり構ってあげられず、甘えん坊のB君としては
寂しかったと思います。
先日の病院でもしんどいにも関わらず先生にすりすりしたらしく、、、
これから先ももっともっと長い時間甘えたかったんだろうな~と、、

小さなころから甘えん坊のB君
河川敷での飼い主さんも、いつも膝に乗って来て、、と喜んでいた。
やがて飼い主さんがいなくなった後でも変わらず甘えん坊で、、、
訪問するとでんぐり返りをしながら足元にすりするしてくれたり、膝に乗ってくれたり。
むしろ我が家に来てからの方が膝に乗る時間は少なかったかも(競争相手が多くて)

まだまだ7歳、シニアになったばかりで逝ってしまうのは早すぎるなあ。
悲しいよ、B君。

可愛い仔時代、A子とシンクロ(左がB君)
AとB 20121215232134084

お母さん(たいちゃん)とB君
たいちゃんとB君

おおきなB君、「ちゃと」や「おちびちび」と
Bくん4

2020 明けました。

2020年、明けてもう三が日も過ぎ、4日です。。。
早い。

今年のお正月は日差しが暖かな良いお正月でした。
2階の部屋もポカポカ。
2020猫たち7
ま、若干日陰になっているもいますが。

普段、ぱとらと別室にいることも多い「とらお」も太陽に誘われてみんなと一緒。
2020猫たち87
後ろの仲良し二匹、相変わらずです。

他にも珍しい組み合わせ。
「ちょこ」と「いもうと」。
2020猫たち
「ちょこぼーる」は、あまりにもが増えすぎてあきらめの心境?なのか誰がくっついても平気。

「ちびた」と「たい」ちゃん。最近微妙に多い組み合わせ(この猫ベッドの場合)
2020猫たち2
ちなみに本来はドーム型なので、中に入るべき。。。

「るあ」とB君
2020猫たち10
お口が痛くて食欲のない「るあ」と風邪?で年末から元気の無くなったB君。
お互い似た健康状態でくっついている?

今日は病院も営業開始となったため、早速B君を連れて行って来ました。
おそらく風邪と口内炎。
河川敷にゃんは例外なく猫エイズ+ですが、その発症ではなさそう、、、との先生の見解。
取り敢えず風邪ひき用の抗生物質を注射してきました。
ついでに鼻水の多い「くろいの」「ず」「きなこまま」も注射。
みんなガンバって治してね!

仔猫の「とと」も鼻じゅるは治らないけど、元気です。
昨日はリビングのソファでカメラを構えるとポーズをしてくれました(笑)
2020猫たち3
2020猫たち4

2020猫たち5
2020猫たち6
やんちゃですがとても可愛い、お膝大好きっこです。
2階で歳の近い「えきまえ」と「ちゃと」が遊んでくれます。
特に体の大きな「ちゃと」が小さな「とと」と楽しそうに遊ぶのが、なんだか新鮮。
年末の写真ですが、日々こんな感じ
2020猫たち11

よかったね、「とと」
怖いものなしの「とと」、昨日はぴけの背中に乗って羽交い絞めにしたり(軽量過ぎて効果無し)
B君のご飯を取ったり、その他やりたい放題です。

2020猫たち9


年末年始に母が来た以外は普通の生活で、なのにあっという間に過ぎてしまい
明日が仕事始め;;
今年も月一更新に近いと思いますが、宜しくお願い致します。


‘とと’の回復とメリークリスマス(のはずだったのに)

Merry X'mas
の予定だったのですが、日付が変わってしまいました。

もうクリスマス。。。も過ぎ、
今年もあと僅か。

仔猫の「とと」を保護して1か月以上経ちました。
風邪はすっかり治って・・と言いたい所ですが、微妙に残っています。
右目に角膜潰瘍、そしてお鼻のぐじゅぐじゅが治りません。
でも相変わらず人の後も追って来るし、すぐ膝の上の乗って来る可愛い子です。
(今も乗ってます)

クリスマスなので
とと の回復とメリークリスマス2
ずいぶん大きくなって、2週間前の通院で1.2kg、なのでもう1.5kgは超えたでしょう。

これは2週間前
とと の回復とメリークリスマス

仔猫は短期間で大きくなりますね~

25日中にアップしたかったのですが、日が変ってしまいました。
でもやっぱり `Merry X'mas'

とと の回復とメリークリスマス3

後追いこねこ

先週の日曜日、10日前の11月17日、おとーさんから「非常事態」とのメールが。

どうやら家の前の電柱に横に、目ヤニで目がぐちゃぐちゃの仔猫がいたらしく、、
保護したとの事。
当日の写真。
とと
当時の体重750gですが、キトゥンブルーはもう消えかけている感じ。
2か月は超えている気がします。

で、この仔猫、と~っても人好き、そして猫好き。
人の後をとにかくついて歩く、夜ケージに入れると鳴く(泣く?)
最初から人間の膝の上が大好きで、座っていれば必ず乗って来るという具合。

猫も好きで、私たちの後を着いてきて猫部屋に潜入。
猫たちにくっついて行きます。
とと2

今日も一緒に2階の猫部屋訪問。
ななにはしゃーっと言われましたが気にせずぐいぐい近付き。
ななもあきらめ気味?にちょっとグルーミングしてあげています。
とと4

・・人も猫も多い大家族で育ったんでしょうか?
それなのになぜ1匹でうちの家の前に?

注射をして目薬も差していますがまだまだ良くなりません。
目はすこしずつ開いて来ていますが、瞬膜が結構出ています。
とと3
鼻のぐじゅぐじゅはまだまだ。。
食欲があるのが救いで、身長も伸びた気がします。
早く治って可愛いお顔が披露できますように。

ちなみに名前は新居の住所かの発案で「とと」君です。
よろしくお願いいたします